www.miyatagym.com
試合レポート
宮田ジム情報館 試合レポート 試合スケジュール MG選手名鑑 今月のスポットライト 激励掲示板 ジム入会案内
HOME
FIGHT REPORT

WBCアジア戦の舞台で華麗に舞ったピンクパンサー(^^) だが地元よりの判定に涙の飛雄馬。 マツケン怒涛の連打もTKOで散った。でも2人のナイスファイトで西安はヒートアップo(^o^)o

夢にまで見た世界がそこに広がった、タイトルマッチ、、、ボクサーを志す人間なら誰しもが憧れる舞台だ。  いつものようにトップロープを跨ぎ大きく仰け反り眩しいスポットライトを見つめ、、、
いやいやロープが緩々で中々リングインできない(笑)が持ち直しピンクパンサー・飛雄馬西安のリングに降臨!!
さぁWBCアジアコンチネンタルタイトルいよいよ始まった!!
開始から大陸系の身体の強さを誇示するかの如くワイルドに振るユウ。 対する飛雄馬もタイトルに奪取にかけ本日は強気なスタートを切った。 第1Rは静かながら飛雄馬堂々とした戦いを見せた!! 第2R、手足の長いユウの伸びのある右ストレートは驚異だが、学習能力の高い飛雄馬は間一髪でかわす。
返しの右フックをもらうがその後は安定した左ストレート、ボディ攻撃が功を奏してユウが顔を上げ気味で早くもガス欠状態、地元の期待を背負い過ぎたか?!飛雄馬 中盤KOのプランも見えてきた!! 飛雄馬を中々捉える事のできないユウ、今度は待ち 足を使い飛雄馬を誘う作戦だが、そこは飛雄馬が一枚も2枚も上!! とことん追いかけダメージを与えた!!
だが中盤は被弾はしないものの
地元の大声援に戸惑う飛雄馬、
技術上回っているが、やや単調な展開にユウもなれ回復してきた。
第8R、そろそろ決めたい飛雄馬だが、逆にボディをもらいややペースダウン。  ボクシングは完全に飛雄馬が圧倒!!だがここは敵地、採点はわからない。勝利は確信しているがやはりKO、もしくはダウン1つは欲しい。セコンドはもちろん連打でGO〜〜の指示!!
飛雄馬もボディのダメージを回復させベルトを掴む為に出た!!
左のカウンターを何発も当てユウのアゴを跳ね上げ 素晴らしい攻撃!!9Rは文句なしに飛雄馬がゲット!!さぁ最終10Rに
KOの望みを託した!!飛雄馬、ユウにとって未知の領域10R、最後も飛雄馬が圧倒的に有利な状況だがユウも持ち堪え、試合終了!!
宮田会長の採点は最低でも2ポイント飛雄馬、平仲会長は3ポイント飛雄馬(^^) 新チャンピオン・飛雄馬の誕生か?!、、、だが
採点は0ー3でユウ、ま、まさか、しかしやはりここはアウェー、微妙なラウンドもあった、そしてダウンを奪うのは必須だろう。日本なら間違いなくタイトル奪取は間違いないだろう。飛雄馬よ、見事なボクシングを展開しほんと成長した!!次回はこの様な舞台の時には誰にも文句言わせないパワーも身につけて再チャレンジだo(^_-)O
海外2連戦のマツケン、初6回戦を誓いリングイン!! 第1Rから
カンはいきなりの右ストレートで
マツケンを牽制、マツケンも前戦は待ち過ぎた所を修正、カウンターが中々いい!! 甲乙つけがたいRで1R終了。2Rはマツケンの懐に入りたいカンが上からボディに打ち分けマツケン早くもロープに押し込められ苦しい展か??、、、いや、マツケンは譲らず打撃戦を展開、2〜3発多く打ち返し流れをカンに渡さない!! 迎えた4回、またしてカンがいきなりの右で入りボディからの展開でマツケンを仕留めにかかるが、逆にマツケンがインファイトで怒涛の攻撃でカンを攻めたて良い感じ(^^) カンも失速して下がり始めた!!
4回は確実にマツケンがゲット!!さぁ地元判定がある事は覚悟しているマツケン、判定など考えていられない。
5Rも怒涛の攻撃を仕掛けて前に出ようとするマツケン。だがカンは接近戦はマツケンにパワー負けすると、アウトボクシングからのパンチに切り替えマツケンを苦しめる。
マツケンもスピードが遅くなり
コンスタントにパンチを立て続けにもらい MG☆陣営からタオル投入、マツケン今回はインファイトも磨いてきた、だけどまだ完成してはいない。まだまだこれから(^^)夢を諦めるなよo(^_-)O
残念ながらチャンスを生かせなかった飛雄馬&マツケン、だけど
2人とも勝利ならずとも確実に成長する姿を見せてくれた(^^)
飛雄馬、次回こそチャンスをモノにしてベルト掴めよ(^^)、マツケンまだまだこれから、次回こそ熱いファイトで6回戦初勝利だ(^^)
シルクロード起点の古都・西安からボクシングの旅の再出発を誓った2人、いつの日か夢を掴もう(^^)v
皆様、西安で奮闘した2人が東京帰ったら労ってやって下さい。
多大なるご声援誠にありがとうございました!!
試合結果
 2019年6月11日(火)

中国・西安
WBCアジア コンチネンタル・バンタム級王座決定戦10R
日本スーパーバンタム級22位
✖️藤岡  飛雄馬(宮田)
判定0ー3
ユウ ヨウグ(中国)○
フェザー級6R
✖️松澤  拳(宮田)
TKO5R
カン バオリン(中国)○

33

IMG-7469

見たか、南国タイフ〜〜ン連打(笑)野性味溢れるボクシングで準々決勝に進出の春平(o^^o) ユウよまた熱いマウンドに帰って来いよ(^^)

デビューから連勝し勢いにのる久保 、春平にとって初めてキャリアのあるファイターの加藤との対戦、緊張気味の春平と対照的な両雄、、、1Rからジャブとワンツーで上々のスタートを切った久保、だが加藤の右クロスを立て続け浴び腰が砕け落ち大ピンチ!!!しかし春平は落ちつきを取り戻し徐々にジャブと右で立て直し第1R終了、春平もいいがラウンドは加藤か?!第2R、加藤のファイタースタイルは鋭いが、徐々に動きの見えてきた春平がジャブ、そして右カウンターが加藤捉えるが加藤の右もまだまだ脅威。だが加藤の動きを南国仕込み?!の感の良さで捌き、最後は怒涛の南国タイフ〜〜ン連打(笑)でタフな加藤をストップに追い込み勝利!!
1Rの大ピンチを跳ね返えし逆転TKO勝利!!
春平スゲェ〜〜な(笑)準々決勝に進出を決めた〜〜o(^▽^)o
さぁ、MG☆きってのバカパンチャー(笑)笠原 祐 待ちに待った後楽園のマウンドに登場〜!!
ユウ〜〜は互いに同郷・群馬の出身、群馬はバカパンチャーの産地か?!(笑)互いに全KO無敗のパンチャー対決?!結末はいかに
立ち上がりは静かに、様子を伺う両雄。だがその均衡を破ったのは竹田、鋭い右カウンターが笠原を捉える。笠原も鋭い右や左フックを狙うが、打ち終わりに竹田がカウンターを合わせるスリリングな展開で1R終了、ラウンドは的確に竹田だ。第2Rは笠原がプレスをかけいい感じになりかけたが、止まってしまうと竹田が連打で圧倒。2R終了間際に強引に男の勝負に仕掛けたが笠原、だが竹田の右カウンターで崩れ落ちダウン。なんとか意地て立ち上がりゴングにすくわれたが、右目の下の晴れも目立つ。3Rに1発逆転をかけて笠原前に出たが竹田が連打でまとめたところでレフェリーが割ってはいり笠原無念のTKO負け。
群馬ダービーは竹田に軍配。
ユ、ユウ〜〜、右目の晴れ、鼻の出血が酷かった。まずかは身体を癒してまたリングというマウンドで待ってるから。まだまだこれから(^^)
またオマエのバカパンチで会場を沸かせるのを待ってるぞー!!
春平、ユウ〜〜、ショウ、平井ちゃんの涙を背負い新人王にかけ上がれ o(^_-)O
試合結果
 2019年6月5日(水)

後楽園ホール
東日本新人王予選
スーパーフライ級4R
○久保  春平(宮田)
TKO2R
加藤  諒(元気)✖️
東日本新人王予選
バンタム級4R
✖️笠原  祐(宮田)
TKO3R
竹田  梓(高崎)○

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
unnamed

皆様、お待たせ致しました!!智佳ちゃんスマイル全開の嬉しい6年振りの勝利〜〜!! この味を忘れんなよ(笑)

前日計量時に見せた屈託のない満遍の笑顔だったジャンタ、長旅の疲れか?減量の疲れ、そして久々の勝利の気負いもある水谷、対照的な両者、、、。
灼熱の大地・タイ チャチューサオ。この日も34度を超える暑さ、しかも蒸し暑い。 アップでも異常ななほど汗をかいてしまう水谷。はやる気持ちを抑えられずにアップをしてしまう。
急に降り出すスコールのように変わりやすい亜熱帯の気候と同じように、試合のゆくえは一体どうなるのか?!
1R開始から嫌な予感が気配が的中、ジャンタは水谷とは同等の体格に見えるがリーチがあるのは一目瞭然 非常に懐が深くやりずらい。  しかし水谷はジャブと右クロスカウンターを軸にジャブで徐々に距離を掴む。が、懐に飛び込むと首を抑えるという、やはりタイの選手はムエタイを経験しているだけにこの辺は老獪だだがジャンタが首相撲の様なクリンチをすると会場からブーイング、敵地なのに声援を水谷に送る現地の方々もいた!!その声援が後押ししてか、もう一度ロングレンジに仕切りなおした水谷が右ストレートとボディーで連打を巧くまとめて試合終了??いや、レフェリーはスタンディングダウンを宣告。その後はジャンタも柔らかく上体を振り水谷の猛攻を凌ぐが、最後は水谷がボディー連打でフィニッシュ!!
デビューから13年、久々の勝利は実に6年振りの勝利〜〜o(^▽^)o  智佳ちゃんほんとおめでとう〜〜!! そしてお帰りd(^_^o)
終わってみれば快心の1R KOだが体感では5〜6分くらい長いラウンドに感じた。ある面苦戦しながらも見事なファイトでした!!
6年振りの勝利、本人もそうだが何よりファンの方々が喜びのメールを沢山頂き、そのメールは日本にとどまらず海外からの祝福メールも。いかに彼女の勝利を待ち望んでいた事か、、、智佳ちゃんがいかに愛されているのがわかった(^^)デビューから13年、様々なドラマがあり、もう一山を狙っている智佳ちゃん(o^^o)これからも楽しみにしているぜo(^_-)O
試合結果
2019年5月31日(金)

タイ  チャチューサオ
 62キロ契約6R
前OPBF女子スーパーフェザー級チャンピオン
○水谷  智佳(宮田)
KO1R
ジャシタ ヨタワン(タイ)✖️

日本から世界各地からの多大なるご声援誠に有難うございました!
01
02

今回は学んだ、、、平井ちゃんまた大きくなって帰ってこいo(^_-)O

第1Rから持ち前の馬力で松田を
効かせる。2Rは松田が徐々に上げてきたがやや平井リードか。
だが第3Rから松田がスイッチを織り交ぜながら的確にパンチをヒットさせるがそれでも効かせるパンチは平井、最終Rは松田がボディーを織り交ぜた攻撃で優勢をアピール。 ジャッジは1者 松田 2者引き分けで松田優勢、平井ちゃん惜しくも次戦進出ならず。
今回はキャリアのある相手に惜しくも勝利ならず。
だけどこの経験も学びに変えいつの日か夢を掴もう!!
また熱いファイトをする平井ちゃんの試合をまた見にくるとファンの方から有難い言葉を頂きました(^^)
平井ちゃんまたいっぱい練習して大きくなって戻って来い!!
本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
対戦カード
2019年5月18日(土)

墨田区総合体育館
東日本新人王予選
ミニマム級4R
△平井  雄士(宮田)
判定 引き分け 0ー1
松田 烈(Reason押上)△
(松田優勢で次戦進出)

デビューから3戦目でやっと勝ち獲った!!苦労の人生が報われた(o^^o) 池谷隊長おめでとう(笑)

悪夢のデビュー戦1R KO負けから2年、、、しばらくは下積みの日々、そして韓国で敗戦ながら何かを掴み、満を持して東日本新人王にエントリー、だがやはり今回の対戦相手 三木田も1勝1 KOと池谷より格上、さぁ池谷の3度目の挑戦も決して楽なファイトにはなりそうもない
だか、開始早々に池谷の思い切りのいい右フックが炸裂し、幸先良いダウンをゲット!! だが三木田も持ちこたえるとジャブとボディで応戦で譲らない。2Rは一発強打が光る池谷とボクシングを組み立てる三木田の対象的な対決、ダメージを与えてるのは池谷だが、下がりながらのボクシングで波に乗れない。セコンドにゲキを飛ばされ迎えた3R、勢いよく飛び出し怒涛の連打で仕掛ける池谷、三木田も効いているが持ちこたえて応戦、映画ロッキーのドラゴ戦の様だ(笑)
韓国の拳友・チョン へミョン氏、自衛隊の方々、職場のタクシー会社の方々、沢山の応援してくれる方々、MG☆会員の方々も沢山駆けつけてくれた!!皆様に勝利の報告をする為にも絶対に負けられない!!
最終Rも気合いで突撃!!池谷隊長(笑)勝利に向けて歩き出した!!
だが最終Rは逆に三木田がボクシングを機能させ逆に池谷を追い立てる、3分がここまで長いとは、池谷 我慢我慢の時間を経てゴングが鳴った!! さぁ採点は1者池谷、1者 三木田、そして最後の1者は、、、池谷支持!!!屈折3戦目でやっと掴んだ初勝利〜〜o(^▽^)o  池谷隊長おめでとう!!
さぁ、初勝利と共に東日本新人王準決勝にコマを進めた(^^)
池谷隊長、次回も大砲でドカンと勝利をよろしく(笑)
試合結果
 2019年5月15日(水)

後楽園ホール
東日本新人王予選
ウェルター級4R
○池谷  一樹(宮田)
判定2ー1
三木田  淳(横浜光)×

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました(^^)
01
02
03
04
05

精度のいいカウンターが光った新藤だったが松永の圧力に6R終了TKOで王座陥落

鋭いジャブと左ストレートでキレのある新藤、松永を空転させ上々の立ち上がりだったが、ジリジリと前に出る松永のボディーで苦しめられたが新藤もカウンターで応戦。だが蓄積したダメージで6R終了で棄権を申し出て試合終了。
新藤、王座陥落してしまったが、しばしゆっくり休んで次の目標に歩き出せ!!
試合結果
2019年5月10日(金)

後楽園ホール
セミファイル
チャンピオンカーニバル
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ10R
日本スーパーウェルター級チャンピオン
×新藤  寛之(宮田)
TKO6R終了
挑戦者・同級1位
松永  宏信(横浜光)○

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!

夢の舞台で華麗に舞った〜〜!!期待を裏切らない平井ちゃん&春平いきなり嵐のKOショ〜〜(笑)

さぁ、桜咲くこの季節といえばブロ野球開幕と東日本新人王(笑)
平井ちゃん、春平が 開幕から魅せてくれたぜ(^^)
鼻息荒く緊張バリバリの平井ちゃん、開幕投手の重圧か??(笑)
 第1Rから豪快に振り回し、外村を攻めたてる。持前の馬力で押し込むが、スピード勝負に賭けフットワークを使う外村を苦しめても快心のクリーンヒットは奪えず。それでも1R後半には大木をなぎ倒すように先制のダウンをゲット!! 力みが気になるが幸先よい展開(^^) 第2Rは外村がフットワークだけでなくスピィーディーなコンビネーションに切り替え平井を翻弄しようとするが、平井は重量感溢れるプレスで詰め寄り2R後半にもダウンをゲット!!外村も新人王の夢は決して捨てず直ぐに立ち上がる。迎えた3回、再度平井が外村に襲いかかりダウンを奪うが、またしても勝負捨てない外村が立ち上がる!!再開後怒涛の攻撃を仕掛ける平井にダメージの蓄積で外村が崩れ落ちセコンドがタオルを投入したと同時にレフェリーがストップ!!
平井が計4度倒す圧勝で見事開幕先発投手を務めあげた(o^^o)
さぁ、もう一人期待の大物ルーキー・ドラフト外1位指名??(笑)久保 春平にタスキは繋がった!!
力みを信条とした?!平井ちゃんを尻目に、それはマズイと対照的に力みを積極的に緊張を排除しながらリングインした春平、反面教師を実行(笑)   大事な初戦でリラックスできるとは、見かけによらず度胸がいい大物の予感を漂わせる(^^)  さぁ、そのリラックス効果が功を奏し 第1R早々からジャブが冴え山口の出鼻をくじく。   接近したクロスレンジで右ストレートと左フックを狙う山口、しかし春平は落ちついてジャブ、左フックで合わせ山口に付け入る隙をあたえない!!
その後も久保が多彩に打ち分け、クライマックスは早くも第1R最後におとずれた!!  山口の右に上手に右ストレートを合わせ、効いたところに連打を浴びせレフェリーが試合をストップ!! これまた南国独自の勘の良さ??をまざまざと見せつけた春平が1RKO勝利で好スタートを切った(^^)v
無事初戦を勝利で飾った平井ちゃん&春平(^^)夢の舞台はまだ始まったばかり!! ファイナル目指して駆け上がれo(^_-)O
試合結果
2019年4月9日(火)

後楽園ホール
東日本新人王予選
ミニマム級4R
○平井  雄士(宮田)
KO3
外村  大貴(ワタナベ)✖️
東日本新人王予選
スーパーフライ級4R
○久保  春平(宮田)
KO1R
山口  高晶(宇都宮)✖️

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
IMG-6892

IMG-6894

IMG-6902

IMG-6906

惜しい〜〜!!世界ランカー相手に飛雄馬ワールドで対抗した珠玉のファイト!!歌っちゃん、4R TKO負けも良くやったぜ(o^^o) 2人とも次回こそ(^^)v

前日計量で『ただのピエロ、草野球とメジャーリーガーの差を見せつけ3R以内に試合を終わらす』と赤穂、普段は明るく楽しい飛雄馬もそう言われては黙ってられるかと、闘志に火がついた!!
マツケンをリーダーとする仲良し多国籍軍??(笑)と総勢150名以上の大応援団を引き連れ、なんと騎馬で千両役者の飛雄馬がド派手に入場(笑)いざ世界ランク獲りへリングイン!!
飛雄馬、第1Rから強打の赤穂を上手にさばき、得意の右ジャブが光り 独特のタイミングの左ストレートで上々の立ち上がり、対する赤穂は強烈な左ボディが印象的だかやはり飛雄馬の距離感にやりづらさを感じているようだ。第2Rも強打の赤穂が振ってくるが飛雄馬のリードとディフェンスワークで赤穂を惑わし、時に強気に打っていく実にいいペースで勝利プランを遂行する飛雄馬(^^)  だが2R中盤 赤穂がバッティングでカットし試合が荒れてきた。第3R、自らの傷で長いラウンドは厳しいとみたか、赤穂が猛攻を仕掛けてきた、ややディフェンスが多くなって飛雄馬だか安定のディフェンスでクリーヒットを許さない、が、飛雄馬も打っては出れず。そしてまたもやバッティングで赤穂が左の瞼から出血、試合続行に暗雲が立ち込めてきた、、、。迎えた4R勝負に出た赤穂、だが飛雄馬も隙をみて自らのボクシングを展開、そして迎えた5R、再び飛雄馬がボクシングを作り赤穂を翻弄し始めた矢先にまたもやバッティングのアクシデントで今度は左の眉間をカットした赤穂の流血が深く止まらず負傷判定に、、、。判定は0ー2で赤穂!!  しかし周囲からは飛雄馬が勝っていたという方々の声も多い!! それだけ採点が難しい内容の試合でした。 ただ飛雄馬が痛いのは赤穂の強打を捌きはしたが3、4Rのやや手数が減ってアグレッシブポイントを赤穂に奪れた感じか?! だか、試合後 本人も、『採点はまさかあんなに離れているとは思わなかった、赤穂さんは実際に手を合わせて相手の中ではダントツでパンチはあったが敵わない相手とは思わなかった、自分のボクシングに自信を持てたのは収穫!!』終始笑顔だった(^^)
今回惜しくも世界ランク獲りとはなりませんでしたが、逞しく成長したピンクパンサーを披露でき ファンの心も掴んだはず(o^^o)
これからの飛雄馬に期待せずにはいられないd(^_^o)
そしてプロ2戦目に土俵入り?!した歌津 智也。 2勝2KOの岩井の強打を浴びて1R早くもKO負けまで追いつめられだが、そこから得意の出入りで歌っちゃん得意の舞の海 戦法??に切り替えた。
これには岩井もやりずらそうで歌っちゃんの右クロスが連発!!1Rは岩井で間違いないが歌津も流れは引き寄せた。第2Rも強打で歌津に襲いかかるが歌津も出入りとボディで岩井のスタミナを奪う。だかそれでもパンチのある岩井の強打で歌津やはり効いてしまったようだ。宮田会長もタオルを握りしめる。 歌津絶対絶命か?!、、、
だか迎えた3Rは岩井の強打を巧くいなし変幻自在な動きと高速連打で歌津がポイントをピックアップ!!試合の行方が分からなくなってきた!!いいぞ歌っちゃん(^^)
だ、だかこれから歌津の快進撃が始まると思った4R早々、岩井渾身の右ストレートで歌津がふらついた所にレフェリーが入り試合終了。やはりダメージが蓄積していたが。だが格上2勝2KOの岩井選手に臆する事なく、立ち向かった歌っちゃん、めちゃくちゃカッコ良かったぞ!! 9月の東日本準決勝も不眠不休の精神で精進して(笑)
残念ながら2敗という結果でしたが、しかし、歌っちゃん、飛雄馬 とも格上相手に、独自のカラーで堂々の戦いっぷりは、見応えありました(^^)
2人ともまだまだこれから(o^^o)
試合結果
 2019年4月2日(火)

後楽園ホール
ミドル級4R
✖️歌津  智也(宮田)
TKO4R
岩井  優典(一力)○
メインイベント
56キロ契約8R
日本スーパーバンタム級20位
✖️藤岡  飛雄馬(宮田)
負傷判定0ー2
WBO世界バンタム級6位
IBF世界バンタム級6位
赤穂  亮(横浜光)○

皆様本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
IMG-6859

IMG-6862

IMG-6861

IMG-6860

IMG-6863

IMG-6858

全州が大熱狂〜!!平井ちゃん大逆転KO勝利o(^_-)O 今大会No.1の大激戦・池谷隊長o(^▽^)o 技術で魅せたマツケン(o^^o) チュン様☆これからという3Rに負傷ドロー。

MG☆4人衆が全州の夜に熱く燃え上がった!!
トップバッターはリアルはじめの一歩・平井 雄士!! 開始早々から長身のキムにパワーで攻め込む平井、早期のKOも予想されたがキムも鋭いワンツーで対抗、2、3Rも攻める平井だが力み過ぎでやや動きが硬い。ペースはキム。このままでは判定負けだ!!最終回、最後の望みを己の拳に託しキムをロープに追い詰めて連打の雨霰!!
キムを怒涛の連打でレフリーストップに追い込んだ平井ちゃん
!!敵地で逆転KOはまさにリアル一歩だね(^^)おめでとう(o^^o)
さぁ、平井ちゃんの勝利に刺激されたMG☆の特攻隊長・池谷 一樹。ジュンは長身ボクサー。
やはり重量級らしいファイトとなったこのカード、初回からワンツーと右アッパーのジュンと左右フックの池谷、1Rは互角の打ち合い、2Rにはジュンをボディーで弱らせた!!3回も譲らない打撃戦を繰り広げたが、鼻血とスタミナ切れでジュンは実に苦しそう。
さぁ、平井と同じく最終回KOを狙う池谷。だがジュンは持ち前のタフネスと地元の声援を受け奮闘、池谷も最後は気合いで打ち合う。
両者どちらが先に音を上げてもおかしくない消耗戦、最後まで打ち合った両雄に試合終了後は大歓声!!判定はジュンに上がったものの大いに会場を沸かせた名勝負でしたd(^_^o)
さぁ、MG☆の暴れん坊将軍・松澤 拳、スラッガー・ファンとの危険な駆け引きが始まった!!
アマ経験もありデビューから2勝2KOと勢いのあるファン。一発でマツケンを沈めようと自慢の強打を振りかざす。対するマツケンはリードで相手の攻撃を封じシャープなボクシングを心がける。だか1R終盤、クロスレンジでファンとのもみ合いの様な感じでよろけたマツケン、膝をついてしまったのが非常にもダウンが宣告されてしまった。ダメージはもちろん無い。その後は落ちついてボクシングを立て直した。2R以降 攻めてくるファンに上手にカウンターを合わせ、ジャブからの左ボディーが上手いマツケン。
マツケンのカウンターは巧いが時折放つファンの飛び込み様のパンチにロープを背負うのが印象が悪い。さぁ、迎えた5R、このままでは埒があかないとマツケンが攻撃型にシフト。しかし今度はファンが距離を取ってディフェンスしてしまい噛み合わない。
さぁ最終Rに望みを託すマツケン。
最後はマツケン、ファンも打ち合い上等で打撃戦!!ここでも
パワーのファンにマツケンが上手カウンターを決め好印象!!しかし判定はダウンジャッジが悔やまれる判定負け。マツケンも実に惜しい試合でした。
さぁ、MG☆軍団のトリを務めるのは香港発韓流アイドル??チュン様☆(笑) リーはパンチ力は感じさせないが、スピードとテクニックを感じさせる動きだ。だか浅いながらチュン様☆のカウンターがいい型で立て続けに決まりバランスを崩すリー。2Rは更にスピードを強めチュン様☆にプレスを強めるリー。時折放つ左ストレートに今度はチュン様☆のバランスが崩れてきた。そして第3R まさかの展開が訪れた、リーが強引に攻めにきたところにカウンターを狙ったチュン様☆と偶然のバッティングでチュン様☆の左瞼を負傷。
大量の流血で傷も深くドクターストップ。3Rでの偶然のバッティングで試合成立のラウンドを消化できずにドロー。チュン様☆カウンターがあってきただけに、惜しかった〜〜。
日韓戦は1勝2敗1分で韓国の勝利となったが、逞しさと存在感を魅せたMG☆4人衆(^^)初海外遠征お疲れ様でした!!

試合結果
2019年2月9日(土)韓国・全州58キロ契約6R
✖️松澤 拳(宮田)
判定0ー3
Kyung Min Hwang (韓国)○58キロ契約6R
△高島 裕樹(宮田)
3R負傷ドロー
Do jin Lee(韓国)△

ライトフライ級4R
○平井 雄士(宮田)
KO4R
Jong Su Kim(韓国)✖️

ウェルター級4R
✖️池谷 一樹(宮田)
判定0ー3
Hae Myung Jung(韓国)○

皆様、イルボンから多大なるご声援誠にありがとうございました!!
unnamed

デビュー戦らしからぬファイトでショウの無念を晴らした春平がデビュー戦を快勝!!

ショウ 気持ちのこもった面持ちで夢の舞台へ、、、第1Rから得意のストレートでペースを掴む。対する吉村は下がりながらカウンターを狙うが、共に距離が合わない感じだ。だか1R後半はショウが打って出て印象的にはラウンドを取った様な感じ。第2Rは吉村も積極性が増したが、やはり互いに距離が合わない。それでもラウンド終盤に吉村が左ストレートボディからの追撃で吉村のラウンドか?!
さぁ互いに慣れてきた第3R下がり気味のショウに吉村が前に出ての攻撃に痛恨のダウンを奪われたショウ。ここは立ち上がった。ショウは最後まで諦めず打ち合ったが吉村強気の攻めでレフリーがストップすると同時にタオルが投入。ショウ無念のT KO負け。
さぁ、共に戦ってきた春平はショックを隠せない、、、だか、決意を固めショウの無念を晴らす為に勝利を誓い、いざデビューのリングへ、、、。
第1Rからジャブ、ワンツー、左フックボディへと多彩に打ち分ける春平。 デビュー戦を KO負けした小津は低く構えてガードをしっかり固め打ち終わりを狙う作戦か?
春平ペースで進んだ1R終盤、春平のカウンターが決まり幸先良いダウンを奪った!! 第2Rは小津も打ち終わりに春平に遅いかかるが、春平素早いバックステップでのワンツーや左フックも光る。 第3Rも春平ペースは変わらないが打たれても、勝利の執念に燃える小津が細かく打ち分けるが、やはりパワーとスキルで春平が上回る。
後の無い小津は逆転を信じ春平に襲いかかる!! 春平も右を立て続け に右をもらうが、春平も KOを意識して逆に小津を攻めたてる!!しかしタフな小津はダウンを断固拒否し試合終了!!
春平が打ってよし、出入りも見事なデビュー戦らしからぬ戦いっぷりで見事大差の判定勝ちでデビュー戦を勝利した!!
惜しくもデビュー戦勝利とはならなかったショウ、だけどスピードとパンチは次戦の勝利を十分に予感させる内容(^^) 諦めずまた頑張ろう!!
春平、ホント見事なデビューらしからぬボクシング(^^)
まだ完成してない所も魅力的だ(o^^o)
ショウと共にまだまだ切磋琢磨しよう(^^)v皆様、本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
対戦カード
 2019年2月6日(水)

後楽園ホール
バンタム級4R
デビュー戦
○久保  春平(宮田)
判定3ー0
小津 諒弥(ワタナベ)✖️
フェザー級4R
デビュー戦
✖️佐々木  捷(宮田)
T KO3R
吉村 望(花形)○

unnamed


Copyright 2005 Miyata Gym. All rights reserved. Never reproduce without written permission.ホームページ制作:(株)アームズ・エディション・茨城・水戸・つくば
上へ