www.miyatagym.com
試合レポート
宮田ジム情報館 試合レポート 試合スケジュール MG選手名鑑 今月のスポットライト 激励掲示板 ジム入会案内
HOME
FIGHT REPORT

新藤パイセンでかした!!(笑)苦難を乗り越えMG☆初の日本タイトル2階級制覇という快挙 !!やったね〜〜o(^_-)O

前王者・井上  岳志が世界の挑戦者決定戦出場で空位となった日本スーパーウェルター級タイトル。新藤にとっては2階級制覇、対する丸木は元WBCユース王者、2度目のチャレンジとなる悲願の日本タイトル。互いに賭ける思いで緊張からか立ち上がりの硬さが目立つ。 だが、初回から狙っていたという新藤のスピード溢れる左ストレート、右フックを決めて先制。初回2分にその時が訪れた!!新藤の渾身の左がカウンターとなって決まり、早くも丸木が早くもダウ〜〜ン!!  勝負はあったか?!

ところが2回以降は丸木もお落ち着きを取り戻し、新藤が左と右フックをヒットしてリードするものの、丸木も新藤のうち終わりを狙った右から左の返しが脅威だ!!流れは新藤ペースだが丸木も時折新藤を下がらせるシーンを作っていく。5回終了時の採点は48-46×2、49-45で新藤がリード。 後半に入ると、劣勢の丸木がテンポをあげて新藤に襲いかかる!!ディフェンスに入る新藤に食らいつき強烈なでボディをヒットするなど丸木がやや押し気味に進める、しかし顔面のヒット率では新藤が上。採点は非常に読みにくい。だがここからが新藤にとって長く苦しい時間が待っていた。8回後半には丸木の渾身右であわやダウン寸前まで追い込まれた。新藤も何とか粘ったが、実に追いつめられた展開となってしまった、、、新藤ここまでか?、、だが新藤の2階級制覇に賭ける想い、そしてサポーターの声が新藤を支えた!!9回も丸木が右、新藤は左を決めて食らいつく。さぁ残すは10Rのみ!!さすがに新藤 前半リードの貯金はわからない。ラストラウンドに賭ける!!最終Rは互いに力を振り絞っての打ち合いで終了のゴング!!  前半の貯金と的確な新藤か? 後半追い上げた丸木か?   判定は3者ともに95ー94で新藤を支持*\(^o^)/* 新藤  寛之が日本タイトル2階級制覇達成〜〜!!そしてMG☆に新たな歴史を刻んだd(^_^o)  勝利者インタビューでは「ウェルターでは初防衛ができなかったので、今度は防衛できるようにがんばりたい 、、、〜〜」と延々と語った(笑)パイセン長げ〜〜ぞのヤジが飛び交う(笑)新藤パイセン本当におめでとう〜〜!! 試合後『再起するにあたって2階級制覇が夢だった 』 と語ってくれた。練習が思うようにできず苦しい時もあったが、己を信じる力だけが彼を支えたのかもしれない。 同じMG☆の選手、それだけじゃない、夢を持つ人には彼の信じる力を学んで欲しい。

新藤の夢、、、みんなの夢、、、これからこれからo(^_-)O

試合結果
 2018年5月15日(火)

後楽園ホール
メインイベント
第39回チャンピオンカーニバル
日本スーパーウェルター級タイトルマッチ王座決定戦10回戦
前日本ウェルター級チャンピオン
日本スーパーウェルター級1位
○新藤  寛之(宮田)
判定3ー0
WBC世界ユース スーパーウェルター級チャンピオン
同級2位
丸木  凌介(天熊丸木)×

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!

 

01
夢にまで見た2階級は制覇を味わう新チャンピオン・新藤  寛之(^_^)v
02
兄の支えがあってこそd(^_^o)お兄ちゃんと喜びの2ショット(o^^o)

unnamed
何回獲っても新鮮気持ちになるなぁ〜(^^)
05
次こそ初防衛頼んだそ パイセン(笑)d(^_^o)

リョージ惜しくも勝利ならず

序盤から強打を打ち込んむリョージに、鉄壁のガードと隙を狙うカウンターで対抗するユータの対象的な両者の戦い、中盤にはユータをぐらつかせるが、ユータもガードで粘り強く対抗。採点は難しく大きく割れ1ー2の採点でユータに軍配が上がった。
リョージ、今日は上位ランカーの洗礼を受けてしまったが、ボクシングはここからや!!
本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
試合結果
2018年4月26日(木)

後楽園ホール
スーパーフライ級8R
日本スーパーフライ級13位
✖️福永  亮次(宮田)
判定1ー2
日本スーパーフライ級8位
ユータ  松尾(ワールドスポーツ)○

それぞれの負けられない理由の為に戦った久也&ユウ〜〜、カッコいいナイスファイトo(^_-)O

今年もボクシング界の甲子園、2東日本新人王2018が始まった、、、開幕投手の重圧か?!、脚が重いと久也は控え室で呟いた。だが ‘‘負けられない理由がオレにはある’’ と自分の心に言い聞かせ、これから始まる期待と不安を引き連れ 久也がいざ開幕のマウンドへリングイン!!(笑)
第1Rから出だしは上々の久也。
千葉はやや久也のスタートに面食らった場面もあったが、1R中盤には距離を大切にし、気合いの入った久也の隙を狙い右、左とパワーは感じさせないものの巧さで久也を翻弄しようという作戦か?!
久也は時折左フックのタイミングが合ったが、まだペースを握ったとまではいかない。 第1Rは強打の久也、巧さの千葉と甲乙つけがたい。 だが2Rはパワーで上回る久也が、グイグイと前に出て左フック、右ストレート、そしてボディ〜としつこくアタック!!上手に打ち分け、最後は左ボディー4連打で千葉をマットに沈めテンカウント!! 宮田会長も4回戦ながら見事な上下の打ち分けでよくやったと太鼓判を押したd(^_^o)
やったね〜久也(^^)、そして開幕勝利投手⁈のお約束、勝利者インタビューでは、つい先日地元秋田の親友2人の事故死の為に勝利を捧げたかったと語った。 久也、今日のファイトは亡き友の元にきっと届いたよ!! その心意気を忘れずに(^^)
秋田のヤンキ〜魂から世界の秋田へ、、、、友の分まで熱く生きろ!!そう、頂点を目指せo(^_-)O
そ、そして中継ぎ?!ストッパー??  (笑)MG☆内でも恐れらている 恐怖のホームランスラッガー・笠原  祐がバッターボックスにいざリングイン!!(笑)
相手はキャリア4戦2勝2KOもしている選手、だがMG☆応援団は
爆裂ホームラン男のユウ〜〜のホームランパンチが上回ると予想していた、、、その通り開始ゴング直後から、相手を一切無視しMAX172キロは出ているであろう右ストレート、左フックで圧倒(笑)神南の腰が落ち、誰もがユウ〜〜の完全試合と思った、、、し、しかしここからが地獄のファイトの始まりだった、、、。セコンドに帰り落ち着きを取り戻したキャリアで上回る神南、ユウ〜〜の豪速球を左手でしっかりブロック、ボディーでユウ〜〜を弱らせる!!
根性がモットーのユウ〜〜は我慢に我慢。だがボディーから右ストレートなど多彩に打ち分ける神南も勝ち試合は全てKO、キャリアの浅いユウ〜〜は苦しい、実に苦しい、、、宮田会長もタオル投入を考えるもユウ〜〜が時折解き放つパンチに逆転を期待してか判断が難しい。3Rも頑張るユウ〜〜の豪速球も悪くわないが、やはりボディー攻めの神南が圧倒的にラウンドを制しユウ〜〜は絶対絶命、、、いつ落ちてもおかしくはない。
だが、ヤツの中には高校生時代、大好きな野球で大成することを夢見て胸踊らせ入学した野球の名門校。しかし甲子園へも行くだけの強豪とあって試合の出場にも中々恵まれなかった。
高校生を卒業しで、ふと見たボクシングで『これなら個人競技だから自分のやりたい事を思う存分できる』と上京、だから絶対に負けたくない!! 明らかに劣勢の第4R、苦しみを抱えた中、僅かな望みをバット?!(笑)いや、拳に託し狙うは特大逆転ホームランKO!!
しかし流れは神南、執拗にボディーを攻め、ユウ〜〜の息の根を止めようとしたその瞬間、ユウ〜〜も最後の望みを託し相打ちのフルスイング〜〜!!
オォ〜、ユウ〜〜の左フックが神南を捉え、神南が崩れ落ちた〜〜!!
誰もが神南勝利と思った最終回の大逆転KO〜〜!!
野球では代打でも活躍できなかったユウ〜〜が、ボクシングで自分の居場所を見つけた大逆転劇!!
まさに努力の賜物だねd(^_^o)
さぁ、今年の新人王はMG☆が牽引するぜd(^_^o)
皆様、本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
試合結果
2017年4月9日(月)

後楽園ホール
東日本新人王予選
バンタム級4R
○岸部  久也(宮田)
KO2R
千葉   勇輔(沼田)✖️
バンタム級4R
○笠原  祐(宮田)
KO4R
コウジ  神南(ワタナベ)✖️

01
今年の新人王はコヤツから始まった!!

02
見事なボディーだったぜ!!
03
亡き友の為に戦った久也、カッけえ〜〜!
04
でもやっぱり最後は秋田のヤンキ〜〜ポーズ(笑)
05
ヤツの頭の中にはきっとMG☆学園の校歌が流れているのだろう(笑)
06
第1Rの豪速球(笑)まさかここから地獄をみるとは
07
試合を決めたユウ〜〜渾身の左フック!!
ユウ〜〜もだけど写真を撮った永島オヤジチャンプもお見事(笑)
08
まさに甲子園球児の笑顔だ(笑)爽やかでまた見たいな(笑)

親友対決の感想『いゃあ、川渕さんマジ強かった!! 左フック エグすぎる(笑)』リョ〜タ☆勝利も笑えない感想ありがとう(笑)

第1Rからバシバシパンチを当て、ランカーの力を見せつけるリョ〜タ☆早い段階でリョ〜タ☆のKO勝利も予感させたが、川渕もクリーンヒットはできないものの重たいパンチがランカー撃破の予感を感じさせる緊張感溢れる第1R。
2Rもリョ〜タがコンスタントに右を打ち込み試合の流れを掴んだが終了間際に川渕の左フックがカウンターで入り形勢逆転の大ピンチ!!
そしてリョ〜タ☆のスタミナまで奪われた川渕のパンチ、、、まだ残すとこ4Rもある、おいおいリョ〜タ☆大丈夫か?!
しかし強気なリョ〜タ☆はその後もコンスタントに右を当てラウンドをピックアップし なんとか回復。だが打たれてながらも我慢し時折見せる川渕の左フックが脅威!!まだまだ侮れない。
スタミナを削り終盤は動きが鈍った両者、そして最終Rは最後の力を振り絞ってリョ〜タ☆が打ちまくり試合終了!! 大親友との熱き殴り合いをランカー・リョ〜タ☆がモノにした!!両雄ホントお疲れ様でしたd(^_^o)
試合後に控室に挨拶に来てくれた川渕選手 ホントにありがとうd(^_^o)これからもリョ〜タ☆と仲良くよろしく(笑)
本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
試合結果
2018年3月27日(火)

後楽園ホール
58キロ契約6R
日本スーパーフェザー級8位
○石田  凌太(宮田)
判定3ー0
川渕  大地(川崎新田)✖️

01

02

飛雄馬オシイよ〜〜、なんとかせい(笑)次回こそV

第1、2Rと変幻自在のスタイルから繰り出すワンツーが光る飛雄馬だが、中盤には堀池のボディで形成逆転で苦しい展開、宮田会長もタオルを握る中、飛雄馬意地を見せ最終Rに猛攻を仕掛けるもタイムアップ。 飛雄馬よ、もっと精進して帰ってこい!!

試合結果
2018年3月3日(土)

後楽園ホール
スーパーバンタム級8R
✖️藤岡  飛雄馬(宮田)
判定0ー3
堀池  雄大(帝拳)○

Copyright 2005 Miyata Gym. All rights reserved. Never reproduce without written permission.ホームページ制作:(株)アームズ・エディション・茨城・水戸・つくば
上へ