www.miyatagym.com
試合レポート
宮田ジム情報館 試合レポート 試合スケジュール MG選手名鑑 今月のスポットライト 激励掲示板 ジム入会案内
HOME
FIGHT REPORT

夢の舞台で華麗に舞った〜〜!!期待を裏切らない平井ちゃん&春平いきなり嵐のKOショ〜〜(笑)

さぁ、桜咲くこの季節といえばブロ野球開幕と東日本新人王(笑)
平井ちゃん、春平が 開幕から魅せてくれたぜ(^^)
鼻息荒く緊張バリバリの平井ちゃん、開幕投手の重圧か??(笑)
 第1Rから豪快に振り回し、外村を攻めたてる。持前の馬力で押し込むが、スピード勝負に賭けフットワークを使う外村を苦しめても快心のクリーンヒットは奪えず。それでも1R後半には大木をなぎ倒すように先制のダウンをゲット!! 力みが気になるが幸先よい展開(^^) 第2Rは外村がフットワークだけでなくスピィーディーなコンビネーションに切り替え平井を翻弄しようとするが、平井は重量感溢れるプレスで詰め寄り2R後半にもダウンをゲット!!外村も新人王の夢は決して捨てず直ぐに立ち上がる。迎えた3回、再度平井が外村に襲いかかりダウンを奪うが、またしても勝負捨てない外村が立ち上がる!!再開後怒涛の攻撃を仕掛ける平井にダメージの蓄積で外村が崩れ落ちセコンドがタオルを投入したと同時にレフェリーがストップ!!
平井が計4度倒す圧勝で見事開幕先発投手を務めあげた(o^^o)
さぁ、もう一人期待の大物ルーキー・ドラフト外1位指名??(笑)久保 春平にタスキは繋がった!!
力みを信条とした?!平井ちゃんを尻目に、それはマズイと対照的に力みを積極的に緊張を排除しながらリングインした春平、反面教師を実行(笑)   大事な初戦でリラックスできるとは、見かけによらず度胸がいい大物の予感を漂わせる(^^)  さぁ、そのリラックス効果が功を奏し 第1R早々からジャブが冴え山口の出鼻をくじく。   接近したクロスレンジで右ストレートと左フックを狙う山口、しかし春平は落ちついてジャブ、左フックで合わせ山口に付け入る隙をあたえない!!
その後も久保が多彩に打ち分け、クライマックスは早くも第1R最後におとずれた!!  山口の右に上手に右ストレートを合わせ、効いたところに連打を浴びせレフェリーが試合をストップ!! これまた南国独自の勘の良さ??をまざまざと見せつけた春平が1RKO勝利で好スタートを切った(^^)v
無事初戦を勝利で飾った平井ちゃん&春平(^^)夢の舞台はまだ始まったばかり!! ファイナル目指して駆け上がれo(^_-)O
試合結果
2019年4月9日(火)

後楽園ホール
東日本新人王予選
ミニマム級4R
○平井  雄士(宮田)
KO3
外村  大貴(ワタナベ)✖️
東日本新人王予選
スーパーフライ級4R
○久保  春平(宮田)
KO1R
山口  高晶(宇都宮)✖️

本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
IMG-6892

IMG-6894

IMG-6902

IMG-6906

惜しい〜〜!!世界ランカー相手に飛雄馬ワールドで対抗した珠玉のファイト!!歌っちゃん、4R TKO負けも良くやったぜ(o^^o) 2人とも次回こそ(^^)v

前日計量で『ただのピエロ、草野球とメジャーリーガーの差を見せつけ3R以内に試合を終わらす』と赤穂、普段は明るく楽しい飛雄馬もそう言われては黙ってられるかと、闘志に火がついた!!
マツケンをリーダーとする仲良し多国籍軍??(笑)と総勢150名以上の大応援団を引き連れ、なんと騎馬で千両役者の飛雄馬がド派手に入場(笑)いざ世界ランク獲りへリングイン!!
飛雄馬、第1Rから強打の赤穂を上手にさばき、得意の右ジャブが光り 独特のタイミングの左ストレートで上々の立ち上がり、対する赤穂は強烈な左ボディが印象的だかやはり飛雄馬の距離感にやりづらさを感じているようだ。第2Rも強打の赤穂が振ってくるが飛雄馬のリードとディフェンスワークで赤穂を惑わし、時に強気に打っていく実にいいペースで勝利プランを遂行する飛雄馬(^^)  だが2R中盤 赤穂がバッティングでカットし試合が荒れてきた。第3R、自らの傷で長いラウンドは厳しいとみたか、赤穂が猛攻を仕掛けてきた、ややディフェンスが多くなって飛雄馬だか安定のディフェンスでクリーヒットを許さない、が、飛雄馬も打っては出れず。そしてまたもやバッティングで赤穂が左の瞼から出血、試合続行に暗雲が立ち込めてきた、、、。迎えた4R勝負に出た赤穂、だが飛雄馬も隙をみて自らのボクシングを展開、そして迎えた5R、再び飛雄馬がボクシングを作り赤穂を翻弄し始めた矢先にまたもやバッティングのアクシデントで今度は左の眉間をカットした赤穂の流血が深く止まらず負傷判定に、、、。判定は0ー2で赤穂!!  しかし周囲からは飛雄馬が勝っていたという方々の声も多い!! それだけ採点が難しい内容の試合でした。 ただ飛雄馬が痛いのは赤穂の強打を捌きはしたが3、4Rのやや手数が減ってアグレッシブポイントを赤穂に奪れた感じか?! だか、試合後 本人も、『採点はまさかあんなに離れているとは思わなかった、赤穂さんは実際に手を合わせて相手の中ではダントツでパンチはあったが敵わない相手とは思わなかった、自分のボクシングに自信を持てたのは収穫!!』終始笑顔だった(^^)
今回惜しくも世界ランク獲りとはなりませんでしたが、逞しく成長したピンクパンサーを披露でき ファンの心も掴んだはず(o^^o)
これからの飛雄馬に期待せずにはいられないd(^_^o)
そしてプロ2戦目に土俵入り?!した歌津 智也。 2勝2KOの岩井の強打を浴びて1R早くもKO負けまで追いつめられだが、そこから得意の出入りで歌っちゃん得意の舞の海 戦法??に切り替えた。
これには岩井もやりずらそうで歌っちゃんの右クロスが連発!!1Rは岩井で間違いないが歌津も流れは引き寄せた。第2Rも強打で歌津に襲いかかるが歌津も出入りとボディで岩井のスタミナを奪う。だかそれでもパンチのある岩井の強打で歌津やはり効いてしまったようだ。宮田会長もタオルを握りしめる。 歌津絶対絶命か?!、、、
だか迎えた3Rは岩井の強打を巧くいなし変幻自在な動きと高速連打で歌津がポイントをピックアップ!!試合の行方が分からなくなってきた!!いいぞ歌っちゃん(^^)
だ、だかこれから歌津の快進撃が始まると思った4R早々、岩井渾身の右ストレートで歌津がふらついた所にレフェリーが入り試合終了。やはりダメージが蓄積していたが。だが格上2勝2KOの岩井選手に臆する事なく、立ち向かった歌っちゃん、めちゃくちゃカッコ良かったぞ!! 9月の東日本準決勝も不眠不休の精神で精進して(笑)
残念ながら2敗という結果でしたが、しかし、歌っちゃん、飛雄馬 とも格上相手に、独自のカラーで堂々の戦いっぷりは、見応えありました(^^)
2人ともまだまだこれから(o^^o)
試合結果
 2019年4月2日(火)

後楽園ホール
ミドル級4R
✖️歌津  智也(宮田)
TKO4R
岩井  優典(一力)○
メインイベント
56キロ契約8R
日本スーパーバンタム級20位
✖️藤岡  飛雄馬(宮田)
負傷判定0ー2
WBO世界バンタム級6位
IBF世界バンタム級6位
赤穂  亮(横浜光)○

皆様本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
IMG-6859

IMG-6862

IMG-6861

IMG-6860

IMG-6863

IMG-6858

全州が大熱狂〜!!平井ちゃん大逆転KO勝利o(^_-)O 今大会No.1の大激戦・池谷隊長o(^▽^)o 技術で魅せたマツケン(o^^o) チュン様☆これからという3Rに負傷ドロー。

MG☆4人衆が全州の夜に熱く燃え上がった!!
トップバッターはリアルはじめの一歩・平井 雄士!! 開始早々から長身のキムにパワーで攻め込む平井、早期のKOも予想されたがキムも鋭いワンツーで対抗、2、3Rも攻める平井だが力み過ぎでやや動きが硬い。ペースはキム。このままでは判定負けだ!!最終回、最後の望みを己の拳に託しキムをロープに追い詰めて連打の雨霰!!
キムを怒涛の連打でレフリーストップに追い込んだ平井ちゃん
!!敵地で逆転KOはまさにリアル一歩だね(^^)おめでとう(o^^o)
さぁ、平井ちゃんの勝利に刺激されたMG☆の特攻隊長・池谷 一樹。ジュンは長身ボクサー。
やはり重量級らしいファイトとなったこのカード、初回からワンツーと右アッパーのジュンと左右フックの池谷、1Rは互角の打ち合い、2Rにはジュンをボディーで弱らせた!!3回も譲らない打撃戦を繰り広げたが、鼻血とスタミナ切れでジュンは実に苦しそう。
さぁ、平井と同じく最終回KOを狙う池谷。だがジュンは持ち前のタフネスと地元の声援を受け奮闘、池谷も最後は気合いで打ち合う。
両者どちらが先に音を上げてもおかしくない消耗戦、最後まで打ち合った両雄に試合終了後は大歓声!!判定はジュンに上がったものの大いに会場を沸かせた名勝負でしたd(^_^o)
さぁ、MG☆の暴れん坊将軍・松澤 拳、スラッガー・ファンとの危険な駆け引きが始まった!!
アマ経験もありデビューから2勝2KOと勢いのあるファン。一発でマツケンを沈めようと自慢の強打を振りかざす。対するマツケンはリードで相手の攻撃を封じシャープなボクシングを心がける。だか1R終盤、クロスレンジでファンとのもみ合いの様な感じでよろけたマツケン、膝をついてしまったのが非常にもダウンが宣告されてしまった。ダメージはもちろん無い。その後は落ちついてボクシングを立て直した。2R以降 攻めてくるファンに上手にカウンターを合わせ、ジャブからの左ボディーが上手いマツケン。
マツケンのカウンターは巧いが時折放つファンの飛び込み様のパンチにロープを背負うのが印象が悪い。さぁ、迎えた5R、このままでは埒があかないとマツケンが攻撃型にシフト。しかし今度はファンが距離を取ってディフェンスしてしまい噛み合わない。
さぁ最終Rに望みを託すマツケン。
最後はマツケン、ファンも打ち合い上等で打撃戦!!ここでも
パワーのファンにマツケンが上手カウンターを決め好印象!!しかし判定はダウンジャッジが悔やまれる判定負け。マツケンも実に惜しい試合でした。
さぁ、MG☆軍団のトリを務めるのは香港発韓流アイドル??チュン様☆(笑) リーはパンチ力は感じさせないが、スピードとテクニックを感じさせる動きだ。だか浅いながらチュン様☆のカウンターがいい型で立て続けに決まりバランスを崩すリー。2Rは更にスピードを強めチュン様☆にプレスを強めるリー。時折放つ左ストレートに今度はチュン様☆のバランスが崩れてきた。そして第3R まさかの展開が訪れた、リーが強引に攻めにきたところにカウンターを狙ったチュン様☆と偶然のバッティングでチュン様☆の左瞼を負傷。
大量の流血で傷も深くドクターストップ。3Rでの偶然のバッティングで試合成立のラウンドを消化できずにドロー。チュン様☆カウンターがあってきただけに、惜しかった〜〜。
日韓戦は1勝2敗1分で韓国の勝利となったが、逞しさと存在感を魅せたMG☆4人衆(^^)初海外遠征お疲れ様でした!!

試合結果
2019年2月9日(土)韓国・全州58キロ契約6R
✖️松澤 拳(宮田)
判定0ー3
Kyung Min Hwang (韓国)○58キロ契約6R
△高島 裕樹(宮田)
3R負傷ドロー
Do jin Lee(韓国)△

ライトフライ級4R
○平井 雄士(宮田)
KO4R
Jong Su Kim(韓国)✖️

ウェルター級4R
✖️池谷 一樹(宮田)
判定0ー3
Hae Myung Jung(韓国)○

皆様、イルボンから多大なるご声援誠にありがとうございました!!
unnamed

デビュー戦らしからぬファイトでショウの無念を晴らした春平がデビュー戦を快勝!!

ショウ 気持ちのこもった面持ちで夢の舞台へ、、、第1Rから得意のストレートでペースを掴む。対する吉村は下がりながらカウンターを狙うが、共に距離が合わない感じだ。だか1R後半はショウが打って出て印象的にはラウンドを取った様な感じ。第2Rは吉村も積極性が増したが、やはり互いに距離が合わない。それでもラウンド終盤に吉村が左ストレートボディからの追撃で吉村のラウンドか?!
さぁ互いに慣れてきた第3R下がり気味のショウに吉村が前に出ての攻撃に痛恨のダウンを奪われたショウ。ここは立ち上がった。ショウは最後まで諦めず打ち合ったが吉村強気の攻めでレフリーがストップすると同時にタオルが投入。ショウ無念のT KO負け。
さぁ、共に戦ってきた春平はショックを隠せない、、、だか、決意を固めショウの無念を晴らす為に勝利を誓い、いざデビューのリングへ、、、。
第1Rからジャブ、ワンツー、左フックボディへと多彩に打ち分ける春平。 デビュー戦を KO負けした小津は低く構えてガードをしっかり固め打ち終わりを狙う作戦か?
春平ペースで進んだ1R終盤、春平のカウンターが決まり幸先良いダウンを奪った!! 第2Rは小津も打ち終わりに春平に遅いかかるが、春平素早いバックステップでのワンツーや左フックも光る。 第3Rも春平ペースは変わらないが打たれても、勝利の執念に燃える小津が細かく打ち分けるが、やはりパワーとスキルで春平が上回る。
後の無い小津は逆転を信じ春平に襲いかかる!! 春平も右を立て続け に右をもらうが、春平も KOを意識して逆に小津を攻めたてる!!しかしタフな小津はダウンを断固拒否し試合終了!!
春平が打ってよし、出入りも見事なデビュー戦らしからぬ戦いっぷりで見事大差の判定勝ちでデビュー戦を勝利した!!
惜しくもデビュー戦勝利とはならなかったショウ、だけどスピードとパンチは次戦の勝利を十分に予感させる内容(^^) 諦めずまた頑張ろう!!
春平、ホント見事なデビューらしからぬボクシング(^^)
まだ完成してない所も魅力的だ(o^^o)
ショウと共にまだまだ切磋琢磨しよう(^^)v皆様、本日も多大なるご声援誠にありがとうございました!!
対戦カード
 2019年2月6日(水)

後楽園ホール
バンタム級4R
デビュー戦
○久保  春平(宮田)
判定3ー0
小津 諒弥(ワタナベ)✖️
フェザー級4R
デビュー戦
✖️佐々木  捷(宮田)
T KO3R
吉村 望(花形)○

unnamed


Copyright 2005 Miyata Gym. All rights reserved. Never reproduce without written permission.ホームページ制作:(株)アームズ・エディション・茨城・水戸・つくば
上へ